意味論から見る英語の構造 : 移動と状態変化の表現を巡って

書誌事項

意味論から見る英語の構造 : 移動と状態変化の表現を巡って

米山三明著

(開拓社言語・文化選書, 15)

開拓社, 2009.10

タイトル読み

イミロン カラ ミル エイゴ ノ コウゾウ : イドウ ト ジョウタイ ヘンカ ノ ヒョウゲン オ メグッテ

大学図書館所蔵 件 / 230

注記

参考文献: p163-168

内容説明・目次

内容説明

本書は、英語の移動表現と結果構文について、日本語などとの比較を織り交ぜながら、最近の意味論の視点から分析したものである。本書における意味論的分析をとおして、読者は英語がゴール志向性の強い言語であることを実感するはずである。本書は、前半の移動・状態変化表現の分析と後半のヘレン・ケラーの英語の分析により、英語の構造的な特徴とその学習法に関して示唆に富んだ提案を行っている。

目次

  • 第1章 意味の世界へようこそ(意味論の考え方;カテゴリー化 ほか)
  • 第2章 移動表現を分類する(語彙化のパターンから見た英語と日本語;英語と日本語 ほか)
  • 第3章 移動表現との関連から見た結果構文(結果構文に現れる自動詞;直接目的語制約 ほか)
  • 第4章 ヘレン・ケラーを通して見る英語の構造(移動表現;way構文 ほか)
  • 第5章 移動表現と結果構文の意味構造・統語構造(二種類の経路再考;日本語における移動表現再考 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA91702569
  • ISBN
    • 9784758925150
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 174p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ