印象派の挑戦 : モネ、ルノワール、ドガたちの友情と闘い

書誌事項

印象派の挑戦 : モネ、ルノワール、ドガたちの友情と闘い

島田紀夫著

小学館, 2009.11

タイトル別名

Les impressionnistes

印象派の挑戦 : モネルノワールドガたちの友情と闘い

タイトル読み

インショウハ ノ チョウセン : モネ ルノワール ドガタチ ノ ユウジョウ ト タタカイ

大学図書館所蔵 件 / 103

注記

印象派関連地図: p308-309

印象派年表: p310-311

主要参考文献: p312-314

内容説明・目次

内容説明

19世紀後半のパリ、激動の時代を舞台に、モネ、ルノワール、ドガ、シスレー、モリゾら若き無名の画家たちが、幾多の困難を乗り越え、「印象派」という新しい芸術を生み出していった。印象派研究の第一人者による「印象派展の歴史」決定版。

目次

  • 第1章 「印象派展」への長い助走
  • 第2章 時代の混迷
  • 第3章 印象派誕生
  • 第4章 成熟する印象派
  • 第5章 「印象派展」の変質
  • 口絵
  • 第6章 危機に立つ印象派
  • 第7章 分裂する印象派とサロンの変容
  • 第8章 「印象派展」の終焉とその後
  • 資料編

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ