ニュートン : あらゆる物体を平等にした革命

書誌事項

ニュートン : あらゆる物体を平等にした革命

ゲイル・E・クリスティアンソン著 ; 林大訳

(オックスフォード科学の肖像 / オーウェン・ギンガリッチ編集代表)

大月書店, 2009.12

タイトル別名

Isaac Newton

タイトル読み

ニュートン : アラユル ブッタイ オ ビョウドウ ニ シタ カクメイ

大学図書館所蔵 件 / 157

注記

編集代表: オーウェン・ギンガリッチ

年譜: 巻末p1-2

内容説明・目次

内容説明

清教徒革命のさなか1642年のクリスマスに生まれ、「万有引力の法則」をはじめとする革命的な業績によって近代科学の礎を築いたニュートン。ライプニッツとの微積分法をめぐる熾烈な闘いなど生涯を通してくりかえされた衝突、宗教観、錬金術、罪のリスト…業績とともにその人物像にも生きいきと迫る評伝。

目次

  • 「哲学的に遊ぶ」
  • 「もっとすばらしい友」
  • 天才と火とペスト
  • 革命的な教授
  • 「火種」
  • 錬金術師
  • 「だれも理解しない本」
  • 「あなたのこのうえなく不幸なしもべ」
  • ライオンの爪あと
  • 王立協会
  • 戦争
  • 「海辺の子どものように」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ