書誌事項

統計学とは何か : 偶然を生かす

C.R.ラオ著 ; 藤越康祝, 柳井晴夫, 田栗正章訳

(ちくま学芸文庫, [ラ7-1])

筑摩書房, 2010.2

タイトル別名

Statistics and truth : putting chance to work

タイトル読み

トウケイガク トワ ナニカ : グウゼン オ イカス

大学図書館所蔵 件 / 145

注記

原著第2版の翻訳

参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

統計学、それは不確実性を数量化することで、自然や社会にあふれる偶然に立ち向かう新しい科学である。統計学が教えてくれるのは、数量化の方法やデータ処理のノウハウだけではない。本書は、確かな根拠に基づき、賢く判断して生きていくための思考法・発想法という深い次元で統計学をとらえる。そして、豊富な具体例を交えながらその歴史や数理を解説し、人間行為と不確実性の関係を科学哲学的に考えてゆく。現代人必須の“統計的センス”を磨くために、必読の一冊。

目次

  • 第1章 不確実性、ランダム性と新しい知識の創造
  • 第2章 不確実性を飼いならす—統計学の進展
  • 第3章 データ解析の原理と方策—データの訊問
  • 第4章 重み付き分布—偏りが内在するデータ
  • 第5章 統計学による真理探究
  • 第6章 統計学と社会—数から学ぶ
  • 補遺A 第1章の内容に対する討論
  • 補遺B スリニバサ・ラマヌジャン—希有の天才

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB01129604
  • ISBN
    • 9784480092717
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    321p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ