創られた「日本の心」神話 : 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史

書誌事項

創られた「日本の心」神話 : 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史

輪島裕介著

(光文社新書, 487)

光文社, 2010.10

タイトル別名

創られた日本の心神話 : 演歌をめぐる戦後大衆音楽史

タイトル読み

ツクラレタ ニホン ノ ココロ シンワ : エンカ オ メグル センゴ タイシュウ オンガクシ

大学図書館所蔵 件 / 179

注記

参考文献: p353-358

内容説明・目次

内容説明

「演歌は日本の心」と聞いて、疑問に思う人は少ないだろう。落語や歌舞伎同様、近代化以前から受け継がれてきたものと認識されているかもしれない。ところが、それがたかだか四〇年程度の歴史しかない、ごく新しいものだとしたら?本書では、明治の自由民権運動の中で現われ、昭和初期に衰退した「演歌」—当時は「歌による演説」を意味していた—が、一九六〇年代後半に別な文脈で復興し、やがて「真正な日本の文化」とみなされるようになった過程と意味を、膨大な資料と具体例によって論じる。いったい誰が、どういう目的で、「演歌」を創ったのか。

目次

  • はじめに—美空ひばりは「演歌」歌手なのか?
  • 第1部 レコード歌謡の歴史と明治・大正期の「演歌」(近代日本大衆音楽史を三つに分ける;明治・大正期の「演歌」 ほか)
  • 第2部 「演歌」には、様々な要素が流れ込んでいる(「演歌」イコール「日本調」ではない;昭和三〇年代の「流し」と「艶歌」 ほか)
  • 第3部 「演歌」の誕生(対抗文化としてのレコード歌謡;五木寛之による「艶歌」の観念化 ほか)
  • 第4部 「演歌」から「昭和歌謡」へ(一九七〇年代以降の「演歌」;「演歌」から「昭和歌謡」へ ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB03575826
  • ISBN
    • 9784334035907
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    358p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ