宇喜多直家・秀家 : 西国進発の魁とならん

書誌事項

宇喜多直家・秀家 : 西国進発の魁とならん

渡邊大門著

(ミネルヴァ日本評伝選)

ミネルヴァ書房, 2011.1

タイトル別名

宇喜多直家秀家 : 西国進発の魁とならん

タイトル読み

ウキタ ナオイエ ヒデイエ : サイゴク シンパツ ノ サキガケ ト ナラン

大学図書館所蔵 件 / 200

注記

参考文献: p293-301

宇喜多一族略年譜: p307-313

内容説明・目次

内容説明

宇喜多直家・秀家、備前の戦国大名。一介の土豪から知略の限りを尽して備前・美作を支配するまでに成長し、後に「戦国の梟雄」とも言われた直家。秀吉の寵愛のもとに成長し、五大老の一人として豊臣政権を支えようとした秀家。対照的な父子の実像を初めて解明する。

目次

  • 第1章 宇喜多氏の評価と出自
  • 第2章 宇喜多氏の黎明—宇喜多能家
  • 第3章 「梟雄」の時代—宇喜多直家
  • 第4章 若き五大老の相貌—宇喜多秀家
  • 第5章 関ケ原合戦と秀家
  • 第6章 八丈島での宇喜多氏

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ