書誌事項

深読みシェイクスピア

松岡和子著

(新潮選書)

新潮社, 2011.2

タイトル読み

フカヨミ シェイクスピア

大学図書館所蔵 件 / 183

内容説明・目次

内容説明

坪内逍遙以来、男たちはジュリエットの娘ごころをどう訳してきたのか?マクベス夫妻の絆はいつ断ち切られたか?シェイクスピアで一番感動的な台詞とは何だろう。蒼井優の疑問に答え、松たか子の解釈に教えられ、唐沢寿明の演技に目をみはる。シェイクスピア個人全訳に取り組み、稽古場に日参する翻訳家が、演劇の魅力を深く平易に語り尽した快著。

目次

  • 第1章 ポローニアスを鏡として—『ハムレット』
  • 第2章 処女作はいかに書かれたか—『ヘンリー六世』三部作
  • 第3章 シェイクスピアで一番感動的な台詞—『リア王』
  • 第4章 男、女、言葉—『ロミオとジュリエット』『オセロー』
  • 第5章 他愛もない喜劇の裏で—『恋の骨折り損』
  • 第6章 日本語訳を英訳すると…—『夏の夜の夢』
  • 第7章 嫉妬、そして信じる力—『冬物語』
  • 第8章 言葉の劇—『マクベス』

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ