書誌事項

天皇と中世の武家

河内祥輔, 新田一郎著

(天皇の歴史, 04)

講談社, 2011.3

タイトル読み

テンノウ ト チュウセイ ノ ブケ

大学図書館所蔵 件 / 214

注記

参考文献: p349-353

年表: p354-363

月報あり

内容説明・目次

内容説明

源平の争乱に始まる中世に重視されたのは、父子一系で繋がる一筋の皇統=正統であった。頼朝は正統の天皇を護るために武家を創り、幕府が後鳥羽上皇と戦ったのも朝廷再建のためだった。室町時代、事実上の院政を執った三代将軍義満など、中世の天皇と武家の役割を究明し、古典を鑑として秩序を求めた人々の営為を明らかにする。

目次

  • 第1部 鎌倉幕府と天皇(河内祥輔)(平安時代の朝廷とその動揺;朝廷・幕府体制の成立;後鳥羽院政と承久の乱;鎌倉時代中・後期の朝廷・幕府体制)
  • 第2部 「古典」としての天皇(新田一郎)(朝廷の再建と南北朝の争い;足利義満の宮廷;「天皇家」の成立;古典を鑑とした世界)
  • 近世国家への展望

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ