ダンゴムシに心はあるのか : 新しい心の科学

書誌事項

ダンゴムシに心はあるのか : 新しい心の科学

森山徹著

(PHPサイエンス・ワールド新書, 039)

PHP研究所, 2011.4

タイトル読み

ダンゴムシ ニ ココロ ワ アルノカ : アタラシイ ココロ ノ カガク

大学図書館所蔵 件 / 196

注記

参考文献: p220-223

内容説明・目次

内容説明

「ファーブル昆虫記」にも出てくる、庭先によくいる小さくて丸くなるダンゴムシ。このダンゴムシにも「心」があると考え、行動実験を試みた若い研究者がいた。迷路実験、行き止まり実験、水包囲実験など、未知の状況と課題を与え、ついにダンゴムシから「常識」では考えられない突飛な行動を引き出すことに成功した。大脳がないダンゴムシにも心があり、道具を使う知能もあることを示唆するユニークな実験を紹介し、「心‐脳」問題に一石を投ずる。

目次

  • 第1章 心とは何か—「心の定義」を提案する(心とは言葉である;日常的な心の概念 ほか)
  • 第2章 ダンゴムシの実験(会社で学んだこと;ダンゴムシとの出会い ほか)
  • 第3章 ダンゴムシ実験の動物行動学的意味(心の研究と動物行動学;動物行動学における四つの「なぜ」 ほか)
  • 第4章 「心の科学」の新展開(心とは何であったか;知能の遍在性 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ