一休・正三・白隠 : 高僧私記

書誌事項

一休・正三・白隠 : 高僧私記

水上勉著

(ちくま学芸文庫, [ミ19-1])

筑摩書房, 2011.4

タイトル別名

一休正三白隠 : 高僧私記

タイトル読み

イッキュウ ショウサン ハクイン : コウソウ シキ

大学図書館所蔵 件 / 80

注記

原本: 筑摩書房 1987年7月刊

内容説明・目次

内容説明

一休宗純。女犯、淫酒、風狂三昧の生を赤裸々に詩にのこした伝説の禅僧。乱世に五山の権力仏教に反旗を翻し、東北から九州まで一所不在、苦難困窮の庶民と同じ地平を歩んだ。鈴木正三。武人の経験を出家生活に生かした異色の生涯。大坂夏の陣ののち感ずるところあり出家したが、武士を捨てても世は捨てず、庶民教化につくした。白隠。自在奔放な禅画で知られる臨済禅中興の祖。堕地獄から逃れるために出家、貧困と飢饉の巷でひたすらな坐禅と説法行脚に明け暮れた。—矛盾と罪苦に悩み、庶民のなかで禅を極めた異端の高僧三人。その思想と生涯を共感をこめて描いた本格評伝。

目次

  • 一休のこと
  • 再び一休のこと
  • 鈴木正三
  • 白隠

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ