書誌事項

数値流体力学

H.K. Versteeg, W. Malalasekera原著 ; 松下洋介 [ほか] 共訳

森北出版, 2011.5

タイトル別名

An introduction to computational fluid dynamics : the finite volume method

タイトル読み

スウチ リュウタイ リキガク

大学図書館所蔵 件 / 186

注記

原著第2版の翻訳

奥付"2011年5月30日第2版第1刷"は、"・・・初版第1刷"の誤記(出版社確認済)

その他の訳者: 齋藤泰洋, 青木秀之, 三浦隆利

参考文献: p[500]-522

内容説明・目次

内容説明

航空機・自動車の空力解析、ガスの燃焼解析、タービンの流路解析、気象シミュレーションetc.方法論の詳細からその応用まで、「有限体積法」のすべてがわかる。

目次

  • 流体運動の保存則と境界条件
  • 乱流とそのモデリング
  • 拡散問題に対する有限体積法
  • 対流‐拡散問題に対する有限体積法
  • 定常流れにおける圧力場と速度場
  • 離散化方程式の解法
  • 非定常流れに対する有限体積法
  • 境界条件の適用
  • 数値流体力学モデリングにおける誤差と不確かさ〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ