知るということ : 認識学序説

書誌事項

知るということ : 認識学序説

渡辺慧著

(ちくま学芸文庫, [ワ14-1])

筑摩書房, 2011.6

タイトル読み

シル ト イウ コト : ニンシキガク ジョセツ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

「認知科学選書 8」(東京大学出版会 1986年刊)の改題

文献:p194〜196

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

時間の流れとは何か。われわれはいかにして時間の流れを知るのか。ある人は、因果の向きが時間の向きであると言う。では、因果はいかにして知りうるのか—。知覚の本質をめぐって、古来さまざまな通説が現れては、哲学的議論が交わされてきた。理論物理学の第一線で活躍した著者が提唱するのは、知覚のあり方をあくまで科学的・数学的に基礎づけることで形而上学を削ぎ落とした新しい認識論=「認識学」である。「エントロピー」「ボーアの相補性」といった物理学の概念を手掛かりに、数学や論理学を自在に駆使しながら知覚の謎をひもとくスリリングでユニークな科学哲学入門。

目次

  • 1章 現象
  • 2章 存在
  • 3章 確率と論理
  • 4章 客体と述語
  • 5章 言語・論理的相対性
  • 6章 学習と情報
  • 7章 パターンとエントロピー最小の原理
  • 8章 時の向き
  • 9章 因果律と自由
  • 10章 認識学的相対性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB05912359
  • ISBN
    • 9784480093813
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    225p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ