仏法僧とは何か : 『三宝絵』の思想世界

書誌事項

仏法僧とは何か : 『三宝絵』の思想世界

藤村安芸子著

(講談社選書メチエ, 505)

講談社, 2011.7

タイトル別名

仏法僧とは何か : 三宝絵の思想世界

タイトル読み

ブッポウソウ トワ ナニ カ : サンボウエ ノ シソウ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 127

内容説明・目次

内容説明

源為憲が永観二年(九八四)、尊子内親王に献上した『三宝絵』。三巻に分かれ、仏教説話によって構成されている。釈迦は衆生を救うべく身を捨てて仏と成った。上巻では、菩薩とよばれた前世での釈迦の実在する世界が、中巻では菩薩から僧に法が伝えられる様が、そして下巻では僧が行う仏教儀礼が語られる。現代社会にも深く浸透している日本仏教とは何なのか。ここから、その本質が見えてくる。

目次

  • 第1章 『三宝絵』の語る歴史
  • 第2章 仏宝—施から孝養へ
  • 第3章 法宝—音から物へ
  • 第4章 僧宝—亡き釈迦と亡き母と
  • 第5章 絶対的な幸福をめざして

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06157356
  • ISBN
    • 9784062585071
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    211p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ