書誌事項

ゲーム理論による社会科学の統合

ハーバート・ギンタス著 ; 成田悠輔 [ほか] 訳

(叢書「制度を考える」)

NTT出版, 2011.7

タイトル別名

The bounds of reason : game theory and the unification of the behavioral sciences

タイトル読み

ゲーム リロン ニヨル シャカイ カガク ノ トウゴウ

大学図書館所蔵 件 / 289

注記

その他の訳者: 小川一仁, 川越敏司, 佐々木俊一郎

参考文献: p379-408

内容説明・目次

目次

  • 意思決定理論と人間行動
  • ゲーム理論:基礎概念
  • ゲーム理論と人間行動
  • 合理化可能性と合理性に関する共有知識
  • 展開形における合理化可能性
  • 混合問題:純粋化と予想
  • ベイズ的合理性と社会認識論
  • 共有知識とナッシュ均衡
  • 反省的推論と均衡情緻化
  • 人間の社会性に関する分析
  • 私的所有権の進化論
  • 行動科学の統合に向けて
  • 要約
  • 記号の表記

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06261234
  • ISBN
    • 9784757122406
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xx, 421p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ