書誌事項

ゴダールと女たち

四方田犬彦著

(講談社現代新書, 2118)

講談社, 2011.8

タイトル別名

ゴダールと女たち

タイトル読み

ゴダール ト オンナ タチ

大学図書館所蔵 件 / 198

内容説明・目次

内容説明

女に逃げられるという天才的才能。映画の革命的異端児として生きたゴダールの足跡。ジーン・セバーグ、アンナ・カリーナ、アンヌ=マリ・ミエヴィルたち女神との物語から描く、著者初めての書き下ろしゴダール論。

目次

  • 第1章 ジーン・セバーグ—零落の聖女
  • 第2章 アンナ・カリーナ—今でも現役アイドル
  • 第3章 アンヌ・ヴィアゼムスキー—女優から作家へ
  • 番外 ジェーン・フォンダ—ただひたすら罵倒、罵倒
  • 第4章 アンヌ=マリ・ミエヴィル—聡明な批判者

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ