すごい実験 : 高校生にもわかる素粒子物理の最前線

書誌事項

すごい実験 : 高校生にもわかる素粒子物理の最前線

多田将著

イースト・プレス, 2011.8

タイトル読み

スゴイ ジッケン : コウコウセイ ニモ ワカル ソリュウシ ブツリ ノ サイゼンセン

大学図書館所蔵 件 / 194

内容説明・目次

内容説明

この世でもっとも巨大な装置で、この世でもっとも小さな物質をつかまえる—深遠な宇宙の謎に挑む壮大なプロジェクト「T2K」とは?子孫のために、我々がやっておかなくてはならない「知の開拓」の物語。

目次

  • 第1章 この世でもっとも大きく、もっとも精密な機械—J‐PARCはニュートリノをいかに作り出すか?(300キロメーターの巨大な「実験室」;がん治療や犯罪捜査でも使われる ほか)
  • 第2章 人は、「小ささ」をどこまで想像できるか?—素粒子概論—原子からクォークまで(どうしてこの仕事についたのですか?;好きなことを仕事にする必要はない ほか)
  • 第3章 「知」が切り拓かれる瞬間—スーパーカミオカンデはニュートリノをいかに捕らえるか?(J‐PARCのイオン源で、一旦H−イオンにしてからH+イオンにすると加速しやすいというのは、どうしてですか?;HIMACについてもっと詳しく知りたいです ほか)
  • 第4章 100年後の世界のための物理学—相対性理論と宇宙について(ライトセイバー同士がぶつかると、ほんとに弾き合うんですか?;オーロラに触れると、雷と同じように感電するんですか? ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06565975
  • ISBN
    • 9784781606248
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    321p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ