育てる者への発達心理学 : 関係発達論入門

書誌事項

育てる者への発達心理学 : 関係発達論入門

大倉得史著

ナカニシヤ出版, 2011.10

タイトル読み

ソダテル モノ エノ ハッタツ シンリガク : カンケイ ハッタツロン ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 201

注記

文献: p294-298

内容説明・目次

内容説明

「えーっ、子どもできたの?」育てられる者もいつか育てる者になる。養育者と子どもの関係性から、発達を捉えなおす。

目次

  • 第1部 実際編(関係発達論という発想;関係発達論の三つの基本概念;「育てる」をめぐる現代社会の状況と若者の意識;妊娠期の女性の心理;出産期の諸問題;誕生から生後3ヶ月まで;生後3ヶ月〜7ヶ月の諸行動の出現;生後半年〜1年までの“子ども‐養育者関係”;生後1歳前後からの表示機能の出現;1歳代の躾と子どもの主体性の育ち;「私」の意識の発生—1歳半から2、3歳にかけて;保育の場の両義性と相互主体性)
  • 第2部 理論編(ピアジェの発達論;ヴィゴツキーのピアジェ批判;ウェルナーの有機体論的発達論;ワロンの身体・情動・自我論;精神分析学的な諸研究;関係発達論の基本概念1—間主観性;関係発達論の基本概念2—両義性;関係発達論の基本概念3—相互主体性)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB07094455
  • ISBN
    • 9784779505898
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    viii, 303p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ