書誌事項

真珠湾を語る : 歴史・記憶・教育

矢口祐人, 森茂岳雄, 中山京子編

東京大学出版会, 2011.12

タイトル別名

Narrating Pearl Harbor : history, memory, and education

真珠湾を語る : 歴史記憶教育

タイトル読み

シンジュワン オ カタル : レキシ・キオク・キョウイク

大学図書館所蔵 件 / 173

注記

英語標題は標題紙裏による

文献: 章末, 項末

内容説明・目次

内容説明

真珠湾攻撃から70年—今もすれ違う「語られ方」の出会いと相互理解のために、日米双方の研究者と教員が、戦争の歴史と記憶を問い直し、教育の現場でいかに次世代に教えていくかを模索する。

目次

  • 真珠湾の歴史・記憶・教育
  • 1部 真珠湾を語ること、教えること(真珠湾の記憶と歴史教育の壁;記念と教育—真珠湾教員ワークショップを振り返って;「文化戦争」における記憶をめぐる争い—トランス・パシフィックの視座から;大衆文化におけるアジア太平洋戦争—特攻飛行兵を記憶する ほか)
  • 2部 真珠湾を教える:歴史理解の現場から(「真珠湾」を授業する—多様な記憶・越境する歴史;記憶と表象;メディアの活用;参加・体験学習 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ