書誌事項

できることをしよう。 : ぼくらが震災後に考えたこと

糸井重里, ほぼ日刊イトイ新聞著

新潮社, 2011.12

タイトル別名

できることをしよう : ぼくらが震災後に考えたこと

タイトル読み

デキル コト オ シヨウ。 : ボクラ ガ シンサイゴ ニ カンガエタ コト

大学図書館所蔵 件 / 149

内容説明・目次

目次

  • クロネコヤマトのDNA。(木川眞(ヤマトホールディングス社長);糸井重里)
  • ふんばろう東日本支援プロジェクト 西條剛央さんの、すんごいアイディア。(西條剛央(早稲田大学大学院(MBA)専任講師);糸井重里)
  • ゼロから立ち上がる会社に学ぶ東北の仕事論。(気仙沼・斉吉商店・気仙沼・丸光食品・陸前高田・八木澤商店;奥野武範(ほぼ日刊イトイ新聞)・糸井重里)
  • その話し合いをしておこう。—NHKの方に会って、決めたこと(山下和彦(NHK生活情報部)・PR担当者(NHK広報局);糸井重里)
  • 山元町と手をつなぐ。(菅野綾子(ほぼ日刊イトイ新聞))
  • 福島の特別な夏。—第九十三回全国高等学校野球選手権福島大会の取材より(永田泰大(ほぼ日刊イトイ新聞))
  • 糸井重里ロングインタビュー ぼくと「ほぼ日」の「できること」。(聞き手・新潮社『できることをしよう。』編集チーム)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ