児玉源太郎 : そこから旅順港は見えるか

書誌事項

児玉源太郎 : そこから旅順港は見えるか

小林道彦著

(ミネルヴァ日本評伝選)

ミネルヴァ書房, 2012.2

タイトル読み

コダマ ゲンタロウ : ソコカラ リョジュンコウ ワ ミエルカ

大学図書館所蔵 件 / 211

注記

参考文献: p313-323

児玉源太郎年譜: p331-340

内容説明・目次

内容説明

児玉源太郎(一八五二〜一九〇六)陸軍大将・台湾総督。佐賀の乱、西南戦争での熊本城篭城、日露戦争における旅順要塞攻防戦…。大日本帝国の興隆とともに、数多の戦場を駆け抜けた児玉源太郎。「天才的戦術家」などの既存のイメージを超え、立憲主義的軍人としての真の姿を実証的に描き出す。

目次

  • 第1章 その生い立ち
  • 第2章 速やかに鹿児島を突くべし
  • 第3章 理想の陸軍を求めて
  • 第4章 突飛新式の果断家—台湾総督・陸軍大臣
  • 第5章 「国運を担う」者
  • 終章 帝国の光芒

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ