若者が無縁化する : 仕事・福祉・コミュニティでつなぐ

書誌事項

若者が無縁化する : 仕事・福祉・コミュニティでつなぐ

宮本みち子著

(ちくま新書, 947)

筑摩書房, 2012.2

タイトル別名

若者が無縁化する : 仕事福祉コミュニティでつなぐ

タイトル読み

ワカモノ ガ ムエンカ スル : シゴト・フクシ・コミュニティ デ ツナグ

大学図書館所蔵 件 / 276

注記

参考文献: p208-214

内容説明・目次

内容説明

若者が幸福なんて誰がいった!若者に関する議論が見落としている点、それは彼らが社会から見捨てられているという現実である。フリーター、ニートは、いまだ、甘えた若者と思われがちだが、それは幻想に過ぎない。高校中退し、アルバイトにさえ就くことができない。家族と離れ、路頭に迷い、ホームレスになる。どこに助けを求めてよいかわからず、孤立する。そのような若者の急増に対して、私たちはなにをなすべきか?若者の実態を明らかにし、彼らを孤立させない方法を提示する。

目次

  • 第1部 追いやられる若者たち(抜け出せない貧困;働きたくても、働けない;崩壊する若者の生き方)
  • 第2部 若者と労働を問いなおす(若者を包摂する雇用政策;働くためのゆるやかなステップ;いま若者にとって自立とは何か?)
  • 第3部 解決への道(システムとコミュニティで包摂できる環境へ;若者にとっての生活保障の再検討)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ