書誌事項

西洋美術史入門

池上英洋著

(ちくまプリマー新書, 174, 212)

筑摩書房, 2012.2-2014.3

  • [正]
  • 実践編

タイトル読み

セイヨウ ビジュツシ ニュウモン

並立書誌 全1

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

図版: [正]: [16] p, 実践編: [16] p

さらに学びたい人へ: [正]p185-189

推薦文献と参考資料: 実践編p192-198

内容説明・目次

巻冊次

[正] ISBN 9784480688767

内容説明

名画にこめられた豊かなメッセージを読み解き、絵画鑑賞をもっと楽しもう。ヨーロッパの中高生も学ぶ、確かなメソッドをベースにした新しい西洋美術史の教室へようこそ。

目次

  • 第1章 美術史へようこそ(美術史とはなにか;なぜ美術を学ぶ必要があるのか ほか)
  • 第2章 絵を“読む”(記号としてのイメージ;イメージとシンボル ほか)
  • 第3章 社会と美術(社会を見るための“窓”;トビアスの冒険—ルネサンスを開花させた金融業 ほか)
  • 第4章 美術の諸相(美的追求と経済原理;パトロンのはなし ほか)
  • 第5章 美術の歩み(エジプトとメソポタミア;エーゲ文明と古代ギリシャ ほか)
巻冊次

実践編 ISBN 9784480689139

内容説明

美術品の「物理的側面」と「精神的側面」を鑑賞しその社会性を読み解く、これが美術史の実践です。本書ではエジプト美術から現代絵画まで多くの実践例を紹介。前著『西洋美術史入門』から、もう一歩奥の世界へ誘います。

目次

  • 第1章 ひとつの作品をじっくりと読んでみよう(サンティニャーツィオ教会の天井画;四つの大陸のイメージ ほか)
  • 第2章 美術作品の何を見るか—一次調査と「主題と社会」(美術作品とはなにか;「いつ、どこで、誰が」 ほか)
  • 第3章 さまざまな視点—美術品と社会の関わりをみる実践例から(比較からわかること—ツタンカーメンとネフェルティティ;絵画はどのように見られたか—鑑賞方法が生み出す違い ほか)
  • 第4章 まとめ—より深い鑑賞のために(一枚の絵を前にして、何をすべきか;推薦文献と参考資料)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08198853
  • ISBN
    • 9784480688767
    • 9784480689139
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ