免疫の反逆 : 自己免疫疾患はなぜ急増しているか

著者

書誌事項

免疫の反逆 : 自己免疫疾患はなぜ急増しているか

ドナ・ジャクソン・ナカザワ著 ; 石山鈴子訳

ダイヤモンド社, 2012.3

タイトル別名

The autoimmune epidemic : bodies gone haywire in a world out of balance and the cutting edge science that promises hope

免疫の反逆 : 自己免疫疾患はなぜ急増しているか

免疫の反逆 : なぜ自己免疫疾患が急増するのか

タイトル読み

メンエキ ノ ハンギャク : ジコ メンエキ シッカン ワ ナゼ キュウゾウ シテ イルカ

大学図書館所蔵 件 / 107

注記

原著(c2008)の翻訳

第2刷(2012.8)の奥付タイトル: 免疫の反逆 : なぜ自己免疫疾患が急増するのか

内容説明・目次

内容説明

化学物質が免疫細胞を狂わせた?いまや先進国で12人に1人が発病する現代病。本来、人の体を守る細胞がなぜ人を傷つけるのか。その発症の要因を探求する迫真の科学ノンフィクション。

目次

  • 序章 なぜ自己免疫疾患は急増しているのか
  • 第1章 要注意の疾患
  • 第2章 姿なき侵入者
  • 第3章 とんでもない小さな隠し事
  • 第4章 敵は強力軍団:ウイルス、ワクチン、重金属
  • 第5章 大捜索:一匹狼科学者の時代
  • 第6章 ライフスタイルを見直そう

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB08748127
  • ISBN
    • 9784478013380
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 319p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ