書誌事項

笑いとユーモアのユダヤ文学

広瀬佳司, 佐川和茂, 大場昌子編著

南雲堂, 2012.3

タイトル読み

ワライ ト ユーモア ノ ユダヤ ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

註と引用・参考文献: p257-267

内容説明・目次

内容説明

二千年の迫害と流浪から生まれたユダヤのユーモア。それは生きるための叡知である。14人の俊英が笑いの深層を多面的に検証する。

目次

  • ユダヤの笑い—ユダヤ系アメリカ文学と映像
  • 1 旧世界とユダヤ人移民作家(存続とユーモア—ショレム・アレイヘムの世界;ドレスを着たドン・キホーテ—ユダヤ移民社会の夢と笑い;滑稽さの背後に広がる世界—アイザック・B・シンガーの短編小説を中心に;イディッシュ文学の笑いと批判精神—ハイム・グラーデ「ラビの妻たち」)
  • 2 戦後のアメリカで活躍するユダヤ系作家(ユダヤのユーモアに見る反権威主義と精神力—バーナード・マラマッドの文学の世界;“嘲りの笑い”から“自虐の笑い”—ソール・ベロー「ゴンザーガの遺稿」;男性身体が作り出す笑いの重層性—フィリップ・ロス『ポートノイの不満』と『サバスの劇場』)
  • 3 現代ユダヤ系女性作家とホロコースト作家(「すごく大きな変化」のおかしさ—グレイス・ペイリー『最後の瞬間のすごく大きな変化』;模倣としての生—シンシア・オジックの笑いの世界;逆境を生き延びる力—レイモンド・フェダマンの笑い;ゴーレムと笑い—セイン・ローゼンバウムの『ゴサムのゴーレムたち』)
  • 4 映像文学に見るユダヤの笑い(ポストモダン・アメリカン・ファルス—ウディ・アレン『アニー・ホール』論;笑いの物語学—メル・ブルックス『スペースボール』;権威のパロディ化と自虐的笑い—『ライフ・イズ・ビューティフル』と『聖なる嘘つき—』)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ