書誌事項

恐山 : 死者のいる場所

南直哉著

(新潮新書, 464)

新潮社, 2012.4

タイトル読み

オソレザン : シシャ ノ イル バショ

大学図書館所蔵 件 / 81

内容説明・目次

内容説明

死者は実在する。懐かしいあの人、別れも言えず旅立った友、かけがえのない父や母—。たとえ肉体は滅んでも、彼らはそこにいる。日本一有名な霊場は、生者が死者を想うという、人類普遍の感情によって支えられてきた。イタコの前で身も世もなく泣き崩れる母、息子の死の理由を問い続ける父…。恐山は、死者への想いを預かり、魂のゆくえを決める場所なのだ。無常を生きる人々へ、「恐山の禅僧」が弔いの意義を問う。

目次

  • 第1章 恐山夜話(この世の果て;温泉場としての恐山 ほか)
  • 第2章 永平寺から恐山へ(20年の修行生活;永平寺で死にたかった ほか)
  • 第3章 死者への想いを預かる場所(毎日が驚きの連続;仏教では割り切れない場所 ほか)
  • 第4章 弔いの意味(君には信仰がない;仏教は生きるテクニック ほか)
  • 無常を生きる人々—あとがきに代えて(彼らは来た;悲しめない心 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ