バイオ化する社会 : 「核時代」の生命と身体

書誌事項

バイオ化する社会 : 「核時代」の生命と身体

粥川準二著

青土社, 2012.4

タイトル別名

バイオ化する社会 : 核時代の生命と身体

タイトル読み

バイオカ スル シャカイ : 「カク ジダイ」ノ セイメイ ト シンタイ

大学図書館所蔵 件 / 143

注記

ブックガイド: p287-290

内容説明・目次

内容説明

生物学・医学をはじめとする科学技術の進展は本当に社会を変えたのか?むしろ従来の歪みを露わにしただけなのではないか?生殖技術から、幹細胞研究、うつ病治療、そして福島第一原発事故にいたるまで、人々の生を選別し分断する社会の現在を鋭く分析する。

目次

  • 序章 3・11“以前”、科学“以外”
  • 第1章 家族のバイオ化—生殖補助医療技術
  • 第2章 未来のバイオ化—遺伝子医療と出生前診断
  • 第3章 資源のバイオ化—幹細胞科学
  • 第4章 信頼のバイオ化—マインド・リーディング
  • 第5章 悲しみのバイオ化—抗うつ薬
  • 第6章 痛みのバイオ化—腰痛とその治療
  • 第7章 市民のバイオ化—原発事故

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ