聖地と祈りの宗教社会学 : 巡礼ツーリズムが生み出す共同性

書誌事項

聖地と祈りの宗教社会学 : 巡礼ツーリズムが生み出す共同性

岡本亮輔著

春風社, 2012.5

タイトル読み

セイチ ト イノリ ノ シュウキョウ シャカイガク : ジュンレイ ツーリズム ガ ウミダス キョウドウセイ

大学図書館所蔵 件 / 141

注記

索引: 巻末pi-vii

参考文献表: 巻末pviii-xix

著者の博士論文「ポスト世俗化の宗教変容と宗教社会学の再構築 : 現代フランスの聖地巡礼についての宗教社会学的研究」(筑波大学, 2010年)に加筆修正したもの

内容説明・目次

内容説明

制度や伝統が崩れ、個人が私的にキリスト教を消費する時代に、人々はどのように他者と紐帯を結び信仰を構築するのか。ツーリズム化する聖地巡礼を通じて織り成される新しい共同性を探究する。

目次

  • 第1部 ポスト世俗化の宗教社会学(世俗化論争と現代宗教論;私事化論再考—宗教的エコノミーの再編成;ポスト世俗化の制度宗教と伝統の位相;ポスト世俗化の「弱い信仰者」—後期近代化論との接続)
  • 第2部 ポスト世俗化の巡礼ツーリズム(現代西欧の聖地巡礼/ツーリズム—宗教社会学からの接近;複層化する真正性—奇蹟のメダル教会の巡礼ツーリズム;共同性と親密性の実験室—現代サンティアゴ巡礼の事例;場所のない聖地、記憶のない共同体—ポスト世俗化の宗教空間;新共同体の聖地巡礼プログラム—聖地の再構築と大会巡礼)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ