書誌事項

社会「学」を読む

若林幹夫著

(現代社会学ライブラリー = Library of contemporary sociology, 6)

弘文堂, 2012.10

タイトル別名

社会学を読む

社会(学)を読む

タイトル読み

シャカイ「ガク」オ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 234

内容説明・目次

内容説明

社会学の本には、なにが書かれているのだろうか。ミステリとサラダ、音楽、都市、時間、遊歩に人類補完計画!そんな誘惑に充ちた仕掛けが、“社会学すること”へと水先案内する。書物の境界を越え、あなた自身を越えて—。本書を読み終えたあなたは、社会をどのように読むか。

目次

  • 社会学をする、社会(学)を読む
  • 「社会」と「社会学」—書物と知の生態学
  • ミステリとサラダとアドルノ
  • パサージュの遊歩者のように
  • 1849年の人類補完計画—清水幾太郎『オーギュスト・コント—社会学とは何か』
  • 共同体と社会の“ねじれ”
  • 『プロ倫』のふたつのコーダ
  • 照らし合う言葉、映し合う社会
  • 書物の時間性と社会の時間性
  • 都市の“重なり”を読み解く
  • 物と交通—社会の物質性、物質の社会性
  • 本の境界、本という境界

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB10344211
  • ISBN
    • 9784335501265
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    158p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ