書誌事項

イメージ : 視覚とメディア

ジョン・バージャー著 ; 伊藤俊治訳

(ちくま学芸文庫, [ハ23-2])

筑摩書房, 2013.1

タイトル別名

Ways of seeing

タイトル読み

イメージ : シカク ト メディア

大学図書館所蔵 件 / 140

注記

1986年2月にParco出版より刊行されたものを文庫化

叢書番号はブックジャケットによる

参考文献: p313-314

内容説明・目次

内容説明

イメージが氾濫する時代において、「ものを見る」とはどのような意味をもつのだろうか。今日もなお視覚論の中核でありつづけるこのテーマに、様々な角度から新たな問題提起をしたのが本書である。メディアとしての油彩画のありよう、裸体の持つ意味と“富=所有”の関係、美術館の成立経緯、古典的絵画から現代のコマーシャル・フォトへとつながる系譜とは?美術史上の名画や巷に流布する広告など、多種多様なイメージ群を提示しつつ、それらを等価に論じ、「見ること」そのものの再検討を迫ったロングセラー。

目次

  • 1 イメージの変容
  • 2 社会空間になったイメージ
  • 3 「見ること」と「見られること」
  • 4 見られる女たち 取り囲む女たち
  • 5 所有するタブロー
  • 6 「見ること」のなかの「所有すること」
  • 7 広告の宇宙
  • 見ることのトポロジー(伊藤俊治)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ