書誌事項

物語数学史

小堀憲著

(ちくま学芸文庫, [コ32-2])

筑摩書房, 2013.2

タイトル読み

モノガタリ スウガクシ

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

『物語数学史』 (新潮社 1984年刊) 文庫化にあたり一部表記を改めた

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

数を数えること—それは人間の誕生とともに始まった、と言ってもよい。有史以前の人たちが指を使いながら数えていた数は、古代ギリシャにおいて哲学的な思索の対象となり、数学は学問の代名詞として飛躍的に発展した。抽象化・厳密化をひた走ってきたその歴史は、大数学者たちが命を懸けて築き上げてきたものである。彼らは数学者として、あるいは一人の人間として、どのような生涯を送ったのか。日本の数学「和算」にも一章を割きつつ、古代から現代までの数学の流れを一望した通史。付録としてSF雑誌『星雲』に掲載された伝記「エヴァリスト・ガロア」を収録。

目次

  • 第1話 数学の夜明け
  • 第2話 ギリシアの数学—アテナイ時代
  • 第3話 ギリシアの数学—アレクサンドレイア時代
  • 第4話 新しい数学への道すがら
  • 第5話 デカルトとその時代
  • 第6話 ニュートンからオイラーまで
  • 第7話 ナポレオンをめぐる数学者たち
  • 第8話 現代の数学の黎明
  • 第9話 現代の数学
  • 第10話 日本の数学

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11623243
  • ISBN
    • 9784480095107
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    358p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ