日本政治史のなかの陸海軍 : 軍政優位体制の形成と崩壊1868〜1945

書誌事項

日本政治史のなかの陸海軍 : 軍政優位体制の形成と崩壊1868〜1945

小林道彦, 黒沢文貴編著

(MINERVA日本史ライブラリー, 24)

ミネルヴァ書房, 2013.2

タイトル別名

日本政治史のなかの陸海軍 : 軍政優位体制の形成と崩壊1868-1945

タイトル読み

ニホン セイジシ ノ ナカ ノ リクカイグン : グンセイ ユウイ タイセイ ノ ケイセイ ト ホウカイ 1868〜1945

大学図書館所蔵 件 / 137

内容説明・目次

内容説明

「非政治的軍隊」はなぜ政治化したのか。明治国家の指導者たちは「統帥権の独立」が孕むリスクに気付いていなかったのか。本書は、陸海軍が維新変革の渦中で産声を上げ、やがて官僚制度の整備とともにその制度的自立化を強め、ついには統帥権を肥大化させ、「軍部」として国政上に大きな力を振るうようになる、そのメカニズムを「政治史のなかで」解明していく。軍人、政治家、官僚、ブレーン集団…様々な人物像に目配りしながら日本陸海軍の盛衰を立体的に描く、最新の成果。

目次

  • 第1部 軍政優位体制の形成(明治維新期の政軍関係—強大な陸軍省と徴兵制軍隊の成立;日清・日露戦争と陸軍官僚制の成立)
  • 第2部 統帥権改革の頓挫と「革新」への胎動(児玉源太郎と統帥権改革;大正・昭和期における陸軍官僚の「革新」化)
  • 第3部 軍政優位体制の崩壊(海軍省優位体制の崩壊—第一次上海事変と日本海軍;国家総力戦への道程—日中全面戦争と陸軍省軍政官僚たちの葛藤;日本海軍の戦争指導と社会科学者・技術官僚の役割)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ