書誌事項

危機言語 : 言語の消滅でわれわれは何を失うのか

ニコラス・エヴァンズ [著] ; 大西正幸, 長田俊樹, 森若葉訳

(地球研ライブラリー, 24)

京都大学学術出版会, 2013.2

タイトル別名

Dying words : endangered languages and what they have to tell us.

危機言語 : 言語の消滅でわれわれは何を失うのか

タイトル読み

キキ ゲンゴ : ゲンゴ ノ ショウメツ デ ワレワレ ワ ナニ オ ウシナウノカ

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

原著 (Wiley-Blackwell, 2010) の全訳に、原著では削除された部分を追加したもの

参照文献表: p441-467

文献あり

索引: p481-505

内容説明・目次

内容説明

6000以上あると言われる世界の言語の大多数が、満足に記録されることもなく、次世紀までに滅びることが危惧されている。言語の消滅によって、人類は何を失うのだろうか。—絶滅危惧にある言語の研究から、言葉の本質を学ぶ。

目次

  • 第1部 バベルの図書館(ウォラムルングンジの子孫たち;4000年を経てついに…)
  • 第2部 さまざまな言語の饗宴(言葉のガラパゴス諸島;ぼくの心の中の君の心—文法における社会的認知)
  • 第3部 古代の言語景観のかすかな痕跡—言語の古代史(共通の源から発して;「言語圏」への旅—古代の言葉を古代の世界につなぐ;解読の鍵—生きた言語から忘れられた文字を解き明かす)
  • 第4部 言語・文化・思考の共進化—互いにたかめあいながら(精神の仕立て棚—言語が思考を訓練する;韻文と口承文芸の編み出すもの)
  • 第5部 言語消滅の前に、聞けるうちに聞こう(言葉を新しくしながら)
  • エピローグ 大地にすわり、天空に立つ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB11866562
  • ISBN
    • 9784876982097
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xvi, 505p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ