ビッグバンからヒッグス粒子まで

書誌事項

ビッグバンからヒッグス粒子まで

青野由利著

(ちくまプリマー新書, 195 . 宇宙はこう考えられている||ウチュウ ワ コウ カンガエラレテ イル ; [正])

筑摩書房, 2013.4

タイトル読み

ビッグ バン カラ ヒッグス リュウシ マデ

大学図書館所蔵 件 / 146

注記

文献: p205-206

内容説明・目次

内容説明

急速に解明されつつある宇宙の成り立ちの謎。それらをもっと深く理解し楽しむために、宇宙論や天文学、素粒子物理学の、歴史的発展や全体像をおさらいしてみよう。

目次

  • 第1章 ヒッグス粒子って何?どうやって発見したの?(映画にも登場するCERN;物質をどんどん分けていくと? ほか)
  • 第2章 宇宙はどのように始まったのか(宇宙膨張の発見;ハッブルを支えた「宇宙の灯台」 ほか)
  • 第3章 見えない暗黒物質(ヴェラ・ルービンの発見;不足する銀河の質量 ほか)
  • 第4章 宇宙の運命と暗黒エネルギー(加速膨張がノーベル賞;謎の暗黒エネルギー ほか)
  • 第5章 宇宙の謎は解けるか(ウロボロスの蛇;相性の悪い天文学と素粒子論 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB1219446X
  • ISBN
    • 9784480688965
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    206p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ