イランとアメリカ : 歴史から読む「愛と憎しみ」の構図

書誌事項

イランとアメリカ : 歴史から読む「愛と憎しみ」の構図

高橋和夫著

(朝日新書, 394)

朝日新聞出版, 2013.3

タイトル別名

イランとアメリカ : 歴史から読む愛と憎しみの構図

タイトル読み

イラン ト アメリカ : レキシ カラ ヨム「アイ ト ニクシミ」ノ コウズ

大学図書館所蔵 件 / 92

注記

イランをめぐる略年譜: p[12]

内容説明・目次

内容説明

オバマの立場は「イランの核武装は許さない」。イランは核弾頭の搭載可能な長距離弾道ミサイルにかかわる技術開発も進めている。両国の交渉には過去のイラン・アメリカ関係が色濃く影を落としている。そしてイランを知るには、さらに歴史を古代にまで遡らなくてはならない。そこにこそ、イランの本音を探る鍵が隠されているからだ。

目次

  • 第1章 イラン核開発疑惑とイスラエル
  • 第2章 「アラブの春」後の風景
  • 第3章 イランとアメリカをめぐる中東情勢の構図
  • 第4章 ペルシアの栄光と苦難の歴史
  • 第5章 国際政治のはざまで—悲劇の連鎖と血染めの白色革命
  • 第6章 怒涛の一九七〇年代—イラン革命から米大使館人質事件まで
  • 第7章 イラン・イラク戦争と国連安保理
  • 第8章 冷戦終結後の中東—湾岸戦争、九・一一、イラク戦争
  • 第9章 オバマ政権の中東政策

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ