医療安全ワークブック

書誌事項

医療安全ワークブック

川村治子著

医学書院, 2013.4

第3版

タイトル別名

Workbook for patient safety

タイトル読み

イリョウ アンゼン ワークブック

大学図書館所蔵 件 / 178

注記

文献: p216-221

内容説明・目次

目次

  • 1 知らねばならない“危険”の知識(注射;ポンプ ほか)
  • 2 看護業務に必要な計算ドリル(ウォーミングアップ;指示薬剤量を液量「mL」に換算して取り出す ほか)
  • 3 リスクセンストレーニング(患者の自力行動中の転倒・転落;認知症患者の危険行動 ほか)
  • 4 コミュニケーション・トレーニング(末期がんの妻への処置を求める夫と看護師の会話;抗がん剤投与中の夫の悪化を心配する妻と看護師の会話 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ