書誌事項

憲法の円環

長谷部恭男著

岩波書店, 2013.5

タイトル別名

Circus constitutionis

タイトル読み

ケンポウ ノ エンカン

大学図書館所蔵 件 / 163

注記

初出一覧: p257-258

参照文献あり

内容説明・目次

内容説明

法は実践理性においてどのような役割を果たしているのか。その問いへの探究から、「国民代表」の意義や司法権・違憲審査の果たすべき役割をめぐる考察へ。現代的課題と原理的問題の探究とが円環をなす、長谷部憲法学の真骨頂。

目次

  • 1 実践・法・正義(アンドレイ・マルモアの社会慣行論;アラステア・マッキンタイアにおける実践と政治;法・権利・財産—ミシェル・ヴィレイの法思想に関する覚書;カントの法理論に関する覚え書き)
  • 2 民主政と全国民の代表(日本における法治国概念の継受—行政法学での縮減と憲法学での拡張;国民代表の概念について;世代間の均衡と全国民の代表;比較の中の内閣法制局)
  • 3 司法権と違憲審査(多元的民主政観と違憲審査—オルソン流集合行為論再考;木村草太『憲法の急所』(羽鳥書店、2011);1人別枠方式の非合理性—平成23年3月23日大法廷判決について;投票価値の較差を理由とする選挙無効判決の帰結;憲法判例の権威について;裁判官の良心・再訪;司法権の概念—「事件性」に関する覚書;表現活動の間接的・付随的制約;政党機関紙配布事件判決)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB12498260
  • ISBN
    • 9784000227919
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 263p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ