書誌事項

朝鮮王朝の国家と財政

六反田豊著

(世界史リブレット, 110)

山川出版社, 2013.7

タイトル読み

チョウセン オウチョウ ノ コッカ ト ザイセイ

大学図書館所蔵 件 / 176

注記

参考文献: p95-98

内容説明・目次

内容説明

建国当初に整備された現物徴収制度としての貢納制が行き詰まりをみせるなか、朝鮮王朝では十六世紀に入るとその改革が本格的に検討されるようになった。十七世紀になってそれは大同法の施行として結実する。朝鮮王朝における画期的な財政改革と評価される大同法とはそもそもどのような制度だったのか。大同法の施行によって朝鮮王朝の税制・役制はどのように変化したのか。大同法に焦点をあてながら、朝鮮王朝の国家財政の仕組みとその変容の過程を跡づける。

目次

  • 朝鮮王朝の収取体制・国家財政と大同法の施行
  • 1 朝鮮時代前半期の収取体制
  • 2 貢納制の弊害とその改革
  • 3 大同法の施行過程
  • 4 大同法の概要とその変容

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ