好きなのにはワケがある : 宮崎アニメと思春期のこころ

書誌事項

好きなのにはワケがある : 宮崎アニメと思春期のこころ

岩宮恵子著

(ちくまプリマー新書, 207)

筑摩書房, 2013.12

タイトル読み

スキ ナノ ニワ ワケ ガ アル : ミヤザキ アニメ ト シシュンキ ノ ココロ

大学図書館所蔵 件 / 154

内容説明・目次

内容説明

思春期相談室の現場で、どうしてこんなに宮崎アニメの話が出るのか。そんな疑問から、臨床心理士としてのこの分析は始まった。子どもから大人になるときの、言葉にできないさまざまな想いが、「どうしてそれが好きなのか?」から、スリリングにひもとかれる。

目次

  • 序章 思春期と喪失—『海のトリトン』をてがかりに
  • 第1章 となりのトトロ—世界との一体感に包まれて
  • 第2章 千と千尋の神隠し1—親がブタになったとき
  • 第3章 千と千尋の神隠し2—世界と自分を取り戻す
  • 第4章 もののけ姫と魔女の宅急便—「思春期の呪い」をとく
  • 第5章 ハウルの動く城—私が私でいるために
  • 終章 思春期がもたらすもの

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ