回避性愛着障害 : 絆が稀薄な人たち

書誌事項

回避性愛着障害 : 絆が稀薄な人たち

岡田尊司著

(光文社新書, 672)

光文社, 2013.12

タイトル別名

回避性愛着障害 : 絆が稀薄な人たち

回避性愛着障害 : 絆が稀薄な人たち

タイトル読み

カイヒセイ アイチャク ショウガイ : キズナ ガ キハクナ ヒト タチ

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

主な参考文献: p298

内容説明・目次

内容説明

回避性とは、親密な関係を避ける、責任や面倒を避ける、チャレンジを避ける、傷つくことを避ける、感じることを避ける—今こんなタイプが急増している。これは少子化・晩婚化の真の原因か?

目次

  • 第1章 新たな「種」の誕生!?
  • 第2章 回避型愛着と養育要因
  • 第3章 社会の脱愛着化と回避型—近代化、過密化、情報化がもたらしたもの
  • 第4章 回避型の愛情と性生活
  • 第5章 回避型の職業生活と人生
  • 第6章 回避の克服
  • 第7章 愛着を修復する

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ