影響力の正体 : 説得のカラクリを心理学があばく

書誌事項

影響力の正体 : 説得のカラクリを心理学があばく

ロバート・B・チャルディーニ著 ; 岩田佳代子訳

SBクリエイティブ, 2013.12

タイトル別名

Influence : the psychology of persuasion

タイトル読み

エイキョウリョク ノ ショウタイ : セットク ノ カラクリ オ シンリガク ガ アバク

大学図書館所蔵 件 / 121

注記

原著改訂版の翻訳

内容説明・目次

内容説明

35年におよぶ実証ベースの正確な調査と、人の行動を変える要因についての3年間の研究が結実。普遍的な6つのルールが人を簡単に説得する!!

目次

  • 1 影響を与える
  • 2 恩義—ゆずりあいに潜むワナ
  • 3 整合性—心の中の邪鬼
  • 4 社会的な証拠—わたしたちの真実
  • 5 好意—人なつこい泥棒
  • 6 権威—誘導される意志
  • 7 希少性—少数派のルール

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB14410770
  • ISBN
    • 9784797374025
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    396p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ