パンの世界 : 基本から最前線まで

書誌事項

パンの世界 : 基本から最前線まで

志賀勝栄著

(講談社選書メチエ, 585)

講談社, 2014.10

タイトル読み

パン ノ セカイ : キホン カラ サイゼンセン マデ

大学図書館所蔵 件 / 154

注記

主要参考文献: p253

内容説明・目次

内容説明

小麦粉、酵母、水、塩と火のハーモニーがパンである。焼きたてパンを楽しむ文化はいつ生まれたか。大きく焼くパンと小さく焼くパン、それぞれのメリットとは—。パンの起源、日本での受容史を辿り、パン作りの精妙なプロセスを紹介。自ら実践する多加水、低温・長時間発酵のメソッドを惜しげもなく開示。まったく新しい本格的入門書。

目次

  • 第1章 パンの歴史
  • 第2章 日本のパンの可能性
  • 第3章 小麦粉を考える
  • 第4章 発酵種とは何か
  • 第5章 水と塩の役割
  • 第6章 パンを作る

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB16825405
  • ISBN
    • 9784062585880
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p, 図版 [8] p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ