書誌事項

データサイエンス講義

Rachel Schutt, Cathy O'Neil著 ; 瀬戸山雅人 [ほか] 訳

オライリー・ジャパン , オーム社 (発売), 2014.10

タイトル別名

Doing data science

タイトル読み

データ サイエンス コウギ

大学図書館所蔵 件 / 190

注記

その他の翻訳者: 石井弓美子, 河内崇, 河内真理子, 古畠敦, 木下哲也, 竹田正和, 佐藤正士, 望月啓充

原著 (O'Reilly Media, c2014) の翻訳

参考文献: 巻頭pxvii-xix

内容説明・目次

内容説明

本書では、データサイエンスを行う上で、どのようなプロセスが必要か、データサイエンティストとしてはどのようなスキルセットが必要で、どのような思考方法を選択する必要があるのかを実例を多数示しながら紹介します。Google、Microsoft、Facebookをはじめとした有名企業で使われているアルゴリズムや分析手法の紹介など、興味深い話題や事例も豊富に収録しています。内容の幅が広く、データサイエンティストの参考になるトピックが満載の一冊です。

目次

  • はじめに:データサイエンスとは
  • 統計的推論、探索的データ分析、データサイエンスのプロセス
  • アルゴリズム
  • スパムフィルタ、単純ベイズ、データラングリング
  • ロジスティック回帰
  • タイムスタンプと金融モデリング
  • データから意味を抽出する
  • レコメンデーションエンジン:ユーザが直接触れる大規模データ製品を構築する
  • データ可視化と不正検出
  • ソーシャルネットワークとデータジャーナリズム
  • 因果関係
  • 疫学
  • データ分析のコンペティションから得られた教訓
  • データのリークとモデルの評価
  • データエンジニアリング
  • 生徒たちの声
  • 次世代のデータサイエンティスト、データに対する過信と倫理

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ