民俗学・台湾・国際連盟 : 柳田國男と新渡戸稲造

書誌事項

民俗学・台湾・国際連盟 : 柳田國男と新渡戸稲造

佐谷眞木人著

(講談社選書メチエ, 591)

講談社, 2015.1

タイトル別名

民俗学台湾国際連盟 : 柳田國男と新渡戸稲造

民俗学・台湾・国際連盟 : 柳田国男と新渡戸稲造

タイトル読み

ミンゾクガク・タイワン・コクサイ レンメイ : ヤナギタ クニオ ト ニトベ イナゾウ

大学図書館所蔵 件 / 175

注記

参考文献: p214-217

関連年表: p218-222

内容説明・目次

内容説明

農政学を修めた二人の男。新渡戸が植民地台湾で培った「治者」の視線に若き柳田は触発され、新たな「郷土」をめぐる学が胚胎する。だが、国際連盟での「西洋」体験が、不幸にも二人のあいだを遠ざけ、ことばの壁に苦しむ柳田のまなざしは「常民」へと反転する…。近代にたいする切実な応答としての、日本民俗学誕生の過程を追う。

目次

  • 第1章 台湾というフィールド
  • 第2章 「土俗学」から「地方学」へ
  • 第3章 柳田、新渡戸と出会う
  • 第4章 ジュネーブ体験
  • 第5章 挫折と訣別
  • 第6章 「一国民俗学」の意味
  • 第7章 「常民」そして「郷土」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ