書誌事項

私たちは今でも進化しているのか?

マーリーン・ズック著 ; 渡会圭子訳

文藝春秋, 2015.1

タイトル別名

Paleofantasy : what evolution really tells us about sex, diet, and how we live

私たちは今でも進化しているのか?

私たちは今でも進化しているのか

タイトル読み

ワタシタチ ワ イマ デモ シンカ シテ イル ノカ?

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

解説: 垂水雄二

主要参考文献: 巻末p1-25

内容説明・目次

内容説明

進化には途方もない時間がかかるという考えは誤りだ。わずか5年で鳴かないように進化した新種コオロギ。人類が牛乳を飲むようになったのも急速な進化の結果。高地に順応したチベット人は進化のトップランナー。疫病も圧政もここから始まった。農耕は呪いか、祝福か?人間は動物界最速のマラソンランナーだ。AIDS、結核、癌。病原体も進化している。進化における我々の常識を覆す、刺激に満ちた一冊。

目次

  • 序文 速い進化と遅い進化
  • 第1章 マンションに住む原始人
  • 第2章 農業は呪いか、祝福か
  • 第3章 私たちの眼前で生じる進化
  • 第4章 ミルクは人類にとって害毒か
  • 第5章 原始人の食卓
  • 第6章 石器時代エクササイズ
  • 第7章 石器時代の愛とセックス
  • 第8章 家族はいつできたのか
  • 第9章 病気と健康の進化論
  • 第10章 私たちは今でも進化しているのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17944454
  • ISBN
    • 9784163901930
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    301, 25p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ