暴力の解剖学 : 神経犯罪学への招待

書誌事項

暴力の解剖学 : 神経犯罪学への招待

エイドリアン・レイン [著] ; 高橋洋訳

紀伊國屋書店, 2015.3

タイトル別名

The anatomy of violence : the biological roots of crime

タイトル読み

ボウリョク ノ カイボウガク : シンケイ ハンザイガク エノ ショウタイ

大学図書館所蔵 件 / 234

注記

原著 (Pantheon ,2013) の全訳

索引: p628-635

内容説明・目次

内容説明

犯罪研究は新時代に突入した!新たな学問分野・神経犯罪学を確立した著者が、脳や遺伝などの生物学的要因と、生育環境などの社会的要因、およびその相互作用から、いかに暴力的な性格が形成されるかを解説する。また、研究成果の実践にあたって直面する人権・倫理・法に関する議論を整理するとともに、暴力削減のための方策を読者に問いかける。タブーに斬り込む画期的研究の全貌!

目次

  • 本能—いかに暴力は進化したか
  • 悪の種子—犯罪の遺伝的基盤
  • 殺人にはやる心—暴力犯罪者の脳はいかに機能不全を起こすか
  • 冷血—自律神経系
  • 壊れた脳—暴力の神経解剖学
  • ナチュラル・ボーン・キラーズ—胎児期、周産期の影響
  • 暴力のレシピ—栄養不良、金属、メンタルヘルス
  • バイオソーシャルなジグソーパズル—各ピースをつなぎ合わせる
  • 犯罪を治療する—生物学的介入
  • 裁かれる脳—法的な意味
  • 未来—神経犯罪学は私たちをどこへ導くのか?

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18223301
  • ISBN
    • 9784314011266
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    635p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ