中国環境汚染の政治経済学

書誌事項

中国環境汚染の政治経済学

知足章宏著

昭和堂, 2015.5

タイトル読み

チュウゴク カンキョウ オセン ノ セイジ ケイザイガク

大学図書館所蔵 件 / 164

注記

参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

中国で深刻さを増す環境汚染の実態とは?大気汚染、産業公害、廃棄物問題、気候変動問題。どう発生したのか、なぜ対策が実行されながら解決に至らないのか。現地でのフィールドワークをもとに解明する。

目次

  • 序章 現代中国における環境汚染への視座—本書の狙いと目的
  • 第1章 「最悪の大気汚染地域」をめぐる政治経済学—貧困・開発・北京オリンピック
  • 第2章 「癌村」とペットフードの繋がり—産業公害の背景にある「グローバル経済」
  • 第3章 廃棄物・資源・汚染の狭間で揺れる政策—E‐Wasteリサイクル拠点としての中国
  • 第4章 気候変動問題への責任は果たせるか—進む体制構築と制度の「見切り発車」への懸念
  • 第5章 4兆元景気刺激策と中国版グリーン・ニューディールの実態—環境保全と乱開発の混沌
  • 第6章 補助金と指令の環境政策—太陽熱温水器の爆発的普及と低炭素都市政策
  • 終章 グローバル・イシューとしての中国環境汚染

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ