書誌事項

沖縄が問う日本の安全保障

島袋純, 阿部浩己責任編集

(シリーズ日本の安全保障 / 遠藤誠治, 遠藤乾編集代表, 4)

岩波書店, 2015.4

タイトル別名

Revisiting Japan's security from Okinawa

沖縄が問う日本の安全保障

タイトル読み

オキナワ ガ トウ ニホン ノ アンゼン ホショウ

大学図書館所蔵 件 / 232

注記

参考文献: 各章末

収録内容

  • 沖縄が問う日本の安全保障 / 阿部浩己, 島袋純 [執筆]
  • 安保をめぐる日本と沖縄の相克 / 前泊博盛 [執筆]
  • 戦後沖縄と平和憲法 / 小松寛 [執筆]
  • 沖縄がつむぐ「非武の安全保障」思想 / 波平恒男 [執筆]
  • 基地と抵抗 / 鳥山淳 [執筆]
  • 法による暴力と人権の侵害 / 秋林こずえ [執筆]
  • 米軍基地と財政 / 川瀬光義 [執筆]
  • 在沖米軍の存在理由 / 屋良朝博 [執筆]
  • アメリカ政治と在沖米軍基地 / 佐藤学 [執筆]
  • 人権の国際的保障が変える沖縄 / 阿部浩己 [執筆]
  • 沖縄自律の構想と東アジアの構造転換 / 島袋純 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

日米安全保障体制も、日本国憲法の平和主義も、沖縄に対する極端な負担の強要によって成り立ってきた。しかし、「沖縄の安全保障」を無視した「日本の安全保障」は、実は脆弱なものなのではないか。本巻では沖縄を基軸に据え、その歴史、平和憲法との関係、基地をめぐる諸問題、アメリカ政治や国際法との関係、沖縄の自律構想などを分析することで、人間本位の安全保障を実現するための視座を提供する。

目次

  • 序論 沖縄が問う日本の安全保障
  • 1 すれ違う安全保障像(安保をめぐる日本と沖縄の相克;戦後沖縄の平和憲法)
  • 2 近代領域国家の狭間で(沖縄がつむぐ「非武の安全保障」思想;基地と抵抗)
  • 3 基地問題の実相と構造(法による暴力と人権の侵害;米軍基地と財政;在沖米軍の存在理由)
  • 4 沖縄発の構造転換は可能か(アメリカ政治と在沖米軍基地;人権の国際的保障が変える沖縄;沖縄自律の構想と東アジアの構造転換)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ