秘密のラティガン : 戦後英国演劇のなかのトランス・メディア空間

書誌事項

秘密のラティガン : 戦後英国演劇のなかのトランス・メディア空間

大谷伴子著

春風社, 2015.4

タイトル別名

Terence mervyn rattigan 1911-1977

秘密のラティガン : 戦後英国演劇のなかのトランスメディア空間

タイトル読み

ヒミツ ノ ラティガン : センゴ エイコク エンゲキ ノ ナカ ノ トランス・メディア クウカン

大学図書館所蔵 件 / 37

注記

Works cited: p193-202

内容説明・目次

内容説明

なぜテレンス・ラティガンは忘れ去られたのか。戦後の英国文化に渦巻く権力や欲望を読み解き、異なるジャンル・メディアを行き来した越境者としてのラティガンの秘密をいま明らかにする。失われた劇曲と戦後英国演劇史。

目次

  • 序章 戦後英国演劇とグローバルなメディア文化—ラティガン再評価のために
  • 第1章 笑劇仕立てのイングリッシュネス—『お日様の輝く間に』と英米関係の表象
  • 第2章 ラティガン『アフター・ザ・ダンス』と“Bright Young Things”の政治文化—パラサイト、雇用、“the Exchange Telegraph”
  • 第3章 ラティガンの「まじめな劇」と戦争プロパガンダの文化—ソフト・パワーとしての『炎の滑走路』と『大空への道』?
  • 第4章 『眠れるプリンス』とヨーロッパ冷戦—「短い20世紀」におけるバルカン問題
  • 終章 『ブラウニング版』再読—グローバルなトランス・メディア空間のなかのラティガン

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18687415
  • ISBN
    • 9784861104480
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    横浜
  • ページ数/冊数
    219p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ