フリーメイスン : もうひとつの近代史

書誌事項

フリーメイスン : もうひとつの近代史

竹下節子著

(講談社選書メチエ, 601)

講談社, 2015.6

タイトル読み

フリーメイスン : モウ ヒトツ ノ キンダイシ

大学図書館所蔵 件 / 147

注記

主要参考文献: p245

内容説明・目次

内容説明

謎めいた存在ゆえに、陰謀論の格好の対象となるフリーメイスン。秘密に包まれたイニシエーションの実態とは?「自由、平等、兄弟愛」など、キリスト教ルーツの価値観を政治から切り離し、「普遍価値」として復権させることが彼らの使命である。アメリカ独立戦争、フランス革命から『シャルリー・エプド』事件まで、フリーメイスンの誕生と変容を辿りながら、西洋近代をもうひとつの視点からとらえなおす。

目次

  • 序章 フリーメイスンからみた西洋近代史
  • 第1章 イニシエーション—フリーメイスンとカトリックのあいだ
  • 第2章 近代フリーメイスンの成立
  • 第3章 フリーメイスンと宗教
  • 第4章 アンチ・フリーメイスン
  • 第5章 政教分離とフリーメイスン
  • 終章 新しいフリーメイスンの可能性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ