書誌事項

物語とメタファー

吉本隆明著

(吉本隆明「未収録」講演集, 9)

筑摩書房, 2015.8

タイトル別名

物語とメタファー : 作家論・作品論「戦後編」

物語とメタファー : 作家論作品論戦後編

タイトル読み

モノガタリ ト メタファー

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

付: 月報9 (8p ; 18cm)

内容説明・目次

内容説明

いま文学が負けるに決まっているのは自明に前提。三回にわたる『死霊』論を始めとして、三島由紀夫、中上健次、村上春樹、村上龍まで、文学の戦後と現在を語る。

目次

  • 1(芥川・太宰・三島の「自殺の運命」;『死霊』について;中上健次私論)
  • 2(荒地派について;詩について;物語性の中のメタファー;『神の仕事場』をめぐって;一行の物語と普遍的メタファー—俵万智、岡井隆の歌集をめぐって;個の想像力と世界への架橋)
  • 3(文学の戦後と現在—三島由紀夫から村上春樹、村上龍まで;作品に見る女性像の変遷)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ